スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字読本3

娘は2週間前から水曜の午後は、家庭学習に切り替えました。

今日の日本語学習は、漢字読本と良質の算数文章問題1年生の問題でした。
年長の息子も年長さんの問題を楽しみながら解きました。
二人とも正解を導き出せたのはオマケとしても、3人にとって嬉しい瞬間でした。

娘が解いたのは、1MX11
「みのむししょうがっこうでは、あさから きに ぶらさがって たいそうをします。
きょうは てんきが いいので みんなで 16にんが ぶらさがっています。
1ねんせいが 1人、2ねんせいが 2人、3ねんせいが 4人です。
のこりの 4・5・6ねんせいは おなじ にんずうずつ きているとすると、4・5・6ねんせいは なんにんずつに なりますか?」

息子が解いたのは、0MX30
「くじらの きょくげいが だいにんきです。
くじらは しっぽで 6このボールをじょうずに なげます。
3とうの くじらが いっしょに ボールの なげっこをしています。
さて、ボールはみんなで なんこ なげられているのでしょう。」

前にも、「みのむし」って言葉を説明したことがあったのですが、また聞くので今日は図鑑で写真も見せてもう一度説明しました。
息子の問題では、「曲芸」「(3)とう」という言葉の意味を説明しました。
「みのむし」も「曲芸」も「とう」も、次回忘れていてもOKです。
私は何度でも教えますよ、「一回教えたのに」とは言いません。

娘の漢字読本は、お話がどんどん進んでいます。
今日までできたお話をご紹介します。
ちなみに、本人が読みたいと言うので、渡したら、途中分からない漢字も出てきたりしますが、ほぼ音読できました。

「五人で山の中に行って兎を見ました。それから、山から出ると、川がありました。そしたら、さっきの兎がまた来て、その川の水を飲んで、また山に帰って行きました。そしたら急に雨が降ってきて、それが土砂降りの雨だったので小さな川ができました。五人は急いで家に帰って、宿題の作文をしました。

次の日、テストが合ってて三回百点をもらったので、丸いボールを買ってもらいました。
そのボールを持って山に歩いて行きました。
もうすぐ春休みです。

春休みに南の島へ行きました。
ある日、雨が降ってきて退屈になったので、何をしようか考えていると、なぜかあの兎がやって来ました。
でも良く見ると、毛の色が黄色になっていました。
なんだかおもしろいので、その兎の絵を描くことにしました。

今日は月曜日で、雨が降っているけど、水曜日は海へ行くので晴れるといいな、と思いました。
来週はもう家に帰ります。そのことを考えると、悲しくなりました。

それからボーっと外を見ていると、一分半が経ちました。
すると、土砂降りの雨になりました。
風も吹いてきました。
波も高くなってきました。
嵐が来そうです。こんな日は、読書にかぎります。」

「土砂降り」って言葉が気に入ってるようです・・・・。
スポンサーサイト
Profil

DonguriSwiss

Author:DonguriSwiss
スイスのツークという町で8歳と6歳の子供を育てています。
どんぐり倶楽部の良質の文章問題と漢字読本を中心に、家庭での日本語教育をしています。

どんぐり理論にのっとった、海外での日本語学習について我が家のことを書いています。

じっくり、ゆっくり、丁寧に

自分で考えて、
自分の人生を楽しめる人

に育てます。

メールは、こちらまで

deutschebaeckerin@hotmail.コム

Neue Beiträge
Neue Kommentare
Monatliches Archiv
Kategorie
Suche
RSS Link
Links
Blogfreund Einladung

Mit dieser Person Blogfreund werden

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。