スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オケラ

水曜午後の娘の家庭学習も4回目になりました。

1MX06
きょうは ヒカルぴょん1ごうと 2ごうの たんじょうびです。
1ごうは 3ぼんあしミミズ 8ぴきと 5ほんあしオケラ 3びきをもらい、
2ごうは 7ほんあしメダカ 3びきと 2ほんあしムカデ 10ぴきを もらいました。
では、もらったペットのあしのかずの ごうけいは どちらが なんぼん おおいでしょう。

娘がオケラって何?
と聞いてきたので、「虫だよ」と言いながら、小学館の図鑑NEO「昆虫」を取り出してきた私。
目次を開いて、オケラ、オケラ・・・・オケラ載ってない!!
?オケラって虫じゃないの?(汗)

インターネットで調べると・・・・
ケラ

オケラってケラって言うんだ、知らんかった!
図鑑の目次に戻ると、カ行にちゃんとケラがありました!
写真を一緒に見て、虫だけど泳げるらしいと水中にいる写真を見て、大きさを定規でも確認しました。

メダカもムカデも図鑑で見て、
メダカに足があるの?おかしい~!
ムカデなのに、足が2本だけ?
なんて言いながら、全部絵図にあらわして、正解を導き出しました。

「手のひらを太陽に」をそらで歌えるし、「めだかの学校」もそらで歌ってた頃もあったんだけど、
オケラもメダカもなんのことか分からずに歌ってたのだなぁ・・・。
読めることと理解していることは違うってことだよね。
まぁ、「めだかの学校」をそらで歌っていたのは2年前なので、その頃はわかっていたのかもしれない。
でも、普段は現地語(ドイツ語、スイスドイツ語)がかなり優勢の世界で生きている子供なので、
メダカって言葉も私が気をつけて使わない限り、2年間も使わないってこともありうるわけで、忘れてしまったのかもしれません。
それにしても、あんなに歌っていたのだから、また聞いたら「さかなのこと」ってぐらいは分からないものだろうか?
それとも、当時、「川の中」って歌ってるんだから、魚のことって普通は思うだろうっていうのは私の論理で、
彼女は映像としてみたことがなかったのだから、やっぱり分かってなかったのかもしれない。

とにかく、どんぐりをやると子供の理解度もよく分かるし、もっと目で見て、頭の中で映像が残るように言葉がけをしたり
日本語のやり取りをしなければいけないと、改めて思いました。

漢字読本もやったけれど、それはまた今度。
スポンサーサイト
Profil

DonguriSwiss

Author:DonguriSwiss
スイスのツークという町で8歳と6歳の子供を育てています。
どんぐり倶楽部の良質の文章問題と漢字読本を中心に、家庭での日本語教育をしています。

どんぐり理論にのっとった、海外での日本語学習について我が家のことを書いています。

じっくり、ゆっくり、丁寧に

自分で考えて、
自分の人生を楽しめる人

に育てます。

メールは、こちらまで

deutschebaeckerin@hotmail.コム

Neue Beiträge
Neue Kommentare
Monatliches Archiv
Kategorie
Suche
RSS Link
Links
Blogfreund Einladung

Mit dieser Person Blogfreund werden

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。