スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情を殺さない

どんぐり倶楽部の「コトノハ通信」の創刊の言葉にすごく良いことが書いてあった。

「もっともっと、自分たちのコトバで伝えよう!

子どもを信じることのすばらしさを。

何もさせなくていい、とわかった時に、
どれほど子育てが楽しくなったかを。

子どもたちがどのように変わり、
生き生きと自分たちで考え、遊び、
学びはじめたかを。

十二歳までは
なぜ考える力を育てることが大切なのかを。
考える力はどのように
育てることができるのかを。

私たち自身の、目の前にいる子どもたちを通して。」


日本語学校辞めて、子どもたちがどんなにイキイキしてるのか、本当に伝えたい。


来週から始まるスポーツ(スキー)休暇をはじめ、やたらと多い学校の長期休暇(年間14週間、お稽古事の学校も休みになります)がこれまでは億劫に感じていたけど、どんぐり始めてから、私も楽しみになってきた。どんな遊びをしようかな?子どもたちと、わからん帳も開いてみよう!と。


昨日の朝、起こしたあと、「りんごが切れましたよ~」「ミルクが温まりました~」とかだけ声かけして放っておいたら、登校時間の15分前になってやっと朝食のテーブルにやってきた子どもたち、それでも自分で目玉焼きが作りたいというから、作らせたら、食べる時間は3分しかなかった。


「ママはね、わざと早く早く!って言わなかったけど、言って欲しかった?」って聞いたら、「ううん、言わないで。」と。「一言だけ言っておくね、寝室で二人でずーっとおしゃべりしてたけど、着替えて、朝食のテーブルでおしゃべりした方が、ゆっくり食べられて良いんじゃないかな?」ってだけ伝えたら、

今朝は朝食時間が45分もできて、余って退屈するほど。


あれやりなさい、これやりなさい、とガミガミ言っても、その場で言われたことだけする子になっちゃう、しかも親子ともども気分も悪い。


今日は黙々と肉まん製造をしながら、昨日のことを考えていたら、あ、なるほど、これが「感情を殺さない」ってことか。と。子どもは大人の何十倍も感受性が強いんだから、気をつけなきゃ。
スポンサーサイト

初雪

SchlittenGimennen2.jpg
SchlittenGimennen1.jpg
あけましておめでとうございます!

年が明けてやっと初雪です!(いつもより2ヶ月遅い)
どんぐりキッズとその仲間達は暗くなるまで2時間以上も橇遊びしましたよ。
途中、雪でとある場所に滑走路を作ろうと5人であれやこれややってました。
私たち親は、「ああすればいいのに」とかコソコソ話すけど、子どもたちには教えない。教えなくても、だんだん彼ら自身で効率よくやる方法を見出していくもんですね。
そして、できたところで、実際にやろうとする子どもたちに、「ちょっと待った!!人を乗せてない橇を滑らせて見るよ。」とやってみせると・・・・・めっちゃ危ないやん!!絶対怪我するって!!!
ってことで、あんなにがんばって作ったけど使えないことが判明。
でも、文句も言わず、また芝生の傾斜のところに戻って遊んでました。17時40分、さすがにお外は真っ暗。おうちに帰りました。

料理

クリスマス休暇に入って一週間が経ちました。
クリスマスという大イベントも終わり、次は大晦日とお正月ですが、
クリスマスに比べると、こちらではそんなに大した行事ではないので友達と集まって
わいわい楽しく過ごす予定です。

さて、世間が割と静かなこの休み、私も仕事をせずに、こどもとの時間やどんぐりの勉強に当てています。
秋に購入した、どんぐり指導者養成PILOTもあと少しで全部見終わります。
いろいろメモも書いたので、そのうち、友人が作ってくれている本家「スイスどんぐり倶楽部」のサイトに少しずつ載せていってもらいたいです。

どんぐり理論と子育ては、理解すればするほどシンプルで簡単だとわかってきました。

昨夜は子供たちが夕食にチャーハンが食べたいと言いだしたのですが、冷蔵庫にある冷やご飯は一人分ぐらいしかない。
「二人で半分こでいい?」
と、子供たちと会話していると、自分たちで作りたいと言い出した。
もうすぐ8歳の娘と6歳になったばかりの息子。
危なくないように(作業台の高さをあわせるために)、踏み台を持ってくるように指示して、あとは放っておきました。
ご飯が少ないのにニンジンを2本も剥き始めていても、何も言わない。
とにかく、尋ねられれば答えるけど、それ以外は余計なアドバイスなど何もせずに放っておいたら、一応できました。
途中玉ねぎを切りながら涙目で助けを求められたり、冷凍してあったズッキーニのソテーを電子レンジで解凍する方法を聞かれたりしましたが、それ以外は全部彼らがやりました。卵も入れていましたね、追加したものが結構多くて、量はしっかり二人分できてましたよ。

量の割りにニンジンがめっちゃ多くて、切り方が粗いので歯ごたえバリバリ、味も薄くて。。。。でも本人たちは自分たちで作ったので完食!自分たちでも、ニンジンについてコメントしたり、味についてコメントしたり、次はこうしよう~と言ったり。
私は、一口味見させてもらって、
「ちょっと味薄いねー、でも美味しいね。
二人が自分で料理してくれるとママとっても助かるわ~~!!!
また作ってくれるかな~?」
って言ったら、二人は大喜びで、毎週作るそうな。
きっと、どんどん彼らのチャーハンは進化していくでしょう。

私はパン職人でもあるし、割と料理は得意なので、「こうしたら良いよ」などアドバイスをしようと思えばいっぱいできます。
でも、あえてしない方がいいんだな、とどんぐり学んでわかってきました。
最初から手取り足取り教えたところで、きっと子供には定着しないし、それはただの、教えたい私の自己満足。
しかも、教えても子供に定着しないと、「なんで教えたのに、その通りにしないの?」って思ってしまうと思う。
自分で何度も試行錯誤して、いつか私に聞いてきた時に、聞かれたことだけ教えてあげようと思います。

どんぐりってとっても楽チン。
Profil

DonguriSwiss

Author:DonguriSwiss
スイスのツークという町で8歳と6歳の子供を育てています。
どんぐり倶楽部の良質の文章問題と漢字読本を中心に、家庭での日本語教育をしています。

どんぐり理論にのっとった、海外での日本語学習について我が家のことを書いています。

じっくり、ゆっくり、丁寧に

自分で考えて、
自分の人生を楽しめる人

に育てます。

メールは、こちらまで

deutschebaeckerin@hotmail.コム

Neue Beiträge
Neue Kommentare
Monatliches Archiv
Kategorie
Suche
RSS Link
Links
Blogfreund Einladung

Mit dieser Person Blogfreund werden

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。